2014年08月14日

クーリンク・オフの制度があるから、一定期間は返品がてきる???






クーリング・オフとは、契約締結後も一定の期間に限り契約解除てきる制度です。

 
不利な立場に立たされがちな消費者 を救済するために、商取引に不慣れな個人 が
知人、友人などから不意打ち的に購入を促 された場合、十分に検討せずに不要不急
で高額な商品を購入してしまうときがあります。

連鎖販売取引におけるクーリング・オフについては、商取引法第40条で定めています。

クーリンク・オフ期間は  最長の20日間 ですがあらゆる業態に20日間のクーリング・
オフ期間が設けられている訳ではありません。

特定 商取引法の対象である7つの業態のうち、 クーリング・オフ期間が20日間とあるの
は、 連鎖販売取引と業務提供誘引販売取引の 2つのみ。

通信販売を除いたそれ以外の業態は、すべて8日間とされています。

 参考までに、特定商取引法の対象でな い取引のクーリング・オフ期間を見ると、 投資顧
問契約は契約書の交付日から10日問、預託取引契約は、預託取引契約は契約書面受領
日から 14日間です。

背景には、当時連鎖販売取引に関わる苦情相談が14日間のクーリング・オフ を過ぎている
場合が多かったという実態があります。

「月刊ネットワークビジネス参照」

 

posted by オルガノネットワークビジネスCOM at 11:29| Comment(0) | クーリンク・オフ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。